*続☆未計画人生*

34歳婚活8年目突入

妻が好きで好きでつぶやいたら本になった☆『勇気は、一瞬 後悔は、一生』

どこかにきっといる。
自分のことを好きで好きでたまらない人が。

そう錯覚してしまいそうになりました。

勇気は、一瞬 後悔は、一生

妻が好きすぎて、妻が大好きなSNSで日々思っていることを書き綴っていたら、出版社の人の目に留まり、本が出来てしまったというTwitter0号室さんの書籍です。

私は全く知らなかったんですけど、この本去年2016年の10月に発売されたものです。
ちなみに、かなりずっと上位にランクインしているみたいです。
私は本屋さんで、平積みされているのを先日発見して読みました。

婚活に疲れている私のような女性、彼から愛されている実感があまりない、恋したいけど男性を信じられない、などちょっと潤いが足りない女性にオススメしたい本です。

広告
 

女性向けの棚のところに平積みされていたのですが、私は男性にも読んでもらいたい。
だって、男性が書いたエッセイなんて珍しくないですか?
偏見かもしれないけれど、男性目線の恋物語なんて「セックスしたい!」以外ありえないって思っていました。
もちろん、女性にもぜひ読んでいただきたい。女子中高生から圧倒的支持と帯に書かれているけれど、大人女子にも本当におすすめです。

妻になる彼女がかなり男前

このお話に登場するのは、筆者の男性と彼女(妻)の女性のみです。
出会いは飲み会。普段は行かない飲み会にたまたま行った時に出逢ったのが彼女です。
とても普通の出会い。
そこからまぁ普通に交際がスタートして、結婚してってなるんですが。
結婚する前に一度別れます。
男性が自分の情けなさから別れを切り出してしまうんです。
でも、彼女は深追いをせず送り出すのです。
そして、就職に失敗した男性は、ふと以前一緒に住んでいた部屋を訪れます。
そこには、彼女が住んでいて「あれ、どうしたの?おかえり」と何でもないことのように迎え入れるのです。

勝手に別れを切り出した男性を、自然に受け入れるなんてことできますか!?
器が大きくて男前な彼女が凄いなと思いました。

自他ともに認める恋愛体質の筆者

この筆者の男性、容姿はやせ形の176㎝、性格はかなりのネガティブだと自分で書いているのですが、とてつもなく恋愛体質だそうです。
「好きだ」と思ったら一直線だそう。
男性の恋愛体質ってあんまり聞かないな、って思ったけど、そういえば彼女が絶えない人とか、別れてもすぐに彼女が出来ている人とか周りにいたなと思うので、そういう感じの人なのかなと思います。
すぐに彼女が出来ることを悪いとは思いません。もちろん、女性をもてあそんで何人も同時に付き合っていたりとか騙したりしている人は嫌だなと思います。
でもこの男性は、純粋に惚れやすいんだなと思いました。

広告
 

やっぱり小さい女の子は守ってあげたくなる対象

この本に出てくる彼女は145㎝とかなり小柄です。
そこまで小さいと座っていても小さいとわかると思いますが、筆者の男性は小柄な女性のことを「守ってあげたくなる」と表現しています。
自分と同じくらい、もしくは自分より大きい人を「守ってあげたい」なんて思いませんよね。むしろ「一人で大丈夫でしょ」と思われる方が多いのではないでしょうか。
やっぱり小さい子は、男性から見ても女性から見てもかわいらしいですよね。

続編の発売が決定!

今年の12月中旬に『勇気は、一瞬 後悔は、一生』の続編の発売が決定したみたいです。
0号室さんがTwitterでつぶやいていました。
タイトルは『がんばる理由が、君ならいい
予約も開始しています。

この本を読んで、飾らない普通の私を好きになってくれる人がいるはずそう思いました。
婚活、諦めずに頑張ってみよう。