*続☆未計画人生*

34歳婚活8年目突入

某市主催の婚活イベントに参加してみた件

 こんにちは
いつのまにか春になっていますが、花見もしていません。
小雨です。

今日は先日参加した婚活イベントについて書いていきたいと思います。

合コンとか婚活パーティとか相席屋とかに飽き飽きしていたところに突如やってきたイベント告知。
それは、某市主催の婚活イベント。(ちょっと伏せておきます…笑)

何と参加費無料

え!?なぜ??
そんなの行くに決まってるじゃん!!

ってことで、一応1日悩みましたが(交通の便の関係)
行ってみることに決めました。(締め切り3日前)

婚活パーティでは、女性参加無料はよく聞くと思うのですが
何とこのイベント、男性も無料。

どうした!?某市!!

しかも何が凄いって
昼食、観光、レクリエーション込み

何を血迷った!?某市!!

しかしながら参加してみたところ
このイベント去年に引き続き2回目だそうです。
てことはきっと去年も無料だったわけですよね。

そしてどうしたことか
市民でもないのに無料!!

財政大丈夫か!?某市!!

もしかして年度末の調整か??
予算余っちゃったから、イベントでも催して使い切っちゃおうってか!?

太っ腹だぜ!!某市!!

てことで、
わたくし、某市に縁もゆかりもございませんが

昼食+観光+レクリエーションも出来てなおかつ無料というイベントに参加してきました。

必要なのは集合場所までの交通費のみ。

ま、実質往復4000円くらいでした。

高いって思いましたか??
それがそんなことないんですよ。
昼食っていうのが、結構いいやつで、〇〇肉のすき焼き付き懐石。
たぶんこれだけで1000円~1500円。
しかも移動が観光バス。
これチャーターするのに10000円くらいかかるでしょ。
普通の婚活バスツアーに申し込んだら、8000円くらいすると思うイベントが
現地への交通手段のみで4000円。

飲み会に参加しても4000円。
なんてお得な婚活なんでしょう。

なんだか前振りめっちゃ長くなりました。

広告

 

ここからが本題です。

イベントのしおりはこんな感じです。

  1. 自己紹介タイム
  2. バス移動
  3. 昼食
  4. バス移動
  5. 観光(自由散策)
  6. バス移動
  7. レクリエーション
  8. 告白タイム

まずは定番の自己紹介タイム。

男女参加者合計30名くらいで、横に並んで向かい合って座って、男性がひとつずつ横に動いていくという、お見合いパーティ定番の自己紹介スタイル。

とにかく隣との距離が近い。
30㎝くらいしかないから、まるで何を言っているのかわからないというお相手もちらほら(声が小さいor聞き取りづらい)いて、ひとり3分~5分くらいだったと思うけど、半分終わったくらいでもう疲れ果てていました。
ナイナイのお見合い大作戦みたいに、円形にしたらよかったのに・・・。
わりと広い会場だったから円でも出来たと思うんだけどな。

さてと次は移動して昼食会場へと向かいます。
移動はなんと大型観光バス。
そして席はくじ引きで決まるという、ありがちな展開。笑

なんとなく最後の方に移動して、最後のくじを引きました。
私は乗り物酔いをする方なので、できれば前の方がいいなと思っていたら、なんと一番前。ラッキー。

隣の男性は自己紹介タイムではほとんど自己紹介していない雑談で終わった男性でした。
彼は以前にも婚活バスツアーのようなものに参加したことがあるとのことで、その時エピソードなどを話してくれました。

昼食会場にバスが到着し、一番前だったので、最初にバスを降りました。
そのまま昼食会場に連れられ、料理の並べられた個室へ直行。
「お好きな席でお召し上がりください」
どうしようかと迷うことなく、一番奥の一番端の席へ向かう私。
両隣りに人が来ると嫌だから、端の席。
でもこれが失敗だった。
せめて列ごとに、男性手前側女性奥側と決めておいて欲しかった。
なぜかというと、私のいるテーブルに女性が一人も来なかったから。
一番初めに選ぶんじゃなかった、と後悔した瞬間でした。
こういう時に出る、人見知り&一人好きの習性
せめて女性に声かけておけばよかったな。
と思っても後の祭り。
よく知りもしない男性たちと昼食を共にすることに。
よく言えばハーレム?バカ言え!地獄じゃ!!
特に気になってもいない男性に、気を使われ、気を使い話を合わせながら食べるご飯はかなり疲れました。
でもお肉はとてもおいしかったです。さすが〇〇牛。

私は食べるのがとても遅いので、この時もゆっくり食べていたのですが、男性は食べ終わっても席を立つそぶりも見せない。
自由時間なんだから早くどこか行ってくれないかな、と内心思っていましたが延々と話しかけられる食事時間。
自由時間が残り15分くらいとなったころ、やっと全部食べ終えた私は、一刻も早くこの場所から逃れたいと、本当はもう少し座っていたかったのを我慢して、立ち去りました。

広告

 

さて、観光をするために移動です。
半分くらいが埋まっていましたが、またも前の方の席をゲット。
隣の男性は、食事の際隣のテーブルにいた方でした。
婚活のために、仕事を休んでまで参加したというこの男性。気合が違いますね。いくつくらいだったんだろう。同じくらいだったのかな。
声が桐谷健太に似てました。

観光はこの市の名所の散策です。
「この機会に気になるお相手に話しかけましょうね」
と担当者は言ってましたが、あの短時間(自己紹介タイムと食事時間)で気になる人が見つかるはずもなく。
とりあえず近くにいた人に声をかけ一緒に途中まで歩く。
何故途中までとなったかと言うと、男女ペアだったから。
上手に(出来てたかはわからないけど)フェードアウトしてとりあえず1人で歩く。
男性も女性も2人で参加している人が多かったので、1人参加は結構浮いてたかもしれない。
チェックポイントを回ってくださいってことだったので、チェックポイントあたりでふらふらしているところで他の参加男性と少し話し、なんだかトラブっていたので他のところ行こうと思い、また1人で歩く。
ずんずんずんずん1人で歩く。
だいぶ歩いたところで、後ろから参加男性が1人で歩いてきたので、声をかける。
そこからはその彼と2人で歩きました。
趣味の話とか車の話とかしてたかな。
基本あまり会話の内容が覚えられない私(飲み会の時もだけど)です。

自由散策が終わり、また移動です。
今回はくじを最初に選んで引き、前の方をゲット。(ずるい笑)
隣の男性は、観光に行くところで偶然話した男女ペアの1人でした。
とっても和やかな雰囲気の男性です。すぐにでもパパになれそうな感じ。むしろすでにパパっぽい人でした。(どういうこと!?笑)
温泉が好きだって言ってたかな。私も温泉は好きですよーなんて話しながら到着。

最後のイベントはレクリエーションです。
全員で一つのものを作り上げるってやつですね。
これが意外にも楽しい。
男女が向かい合って作業してたんですが、男女関係なくわちゃわちゃしながら作業するのがとっても楽しい。
こういうのその人の素が出るからいいなって思いました。
私の場合は、とりあえずやっちゃえ!でも綺麗にねって感じ。『大胆かつ丁寧に』は私のための言葉かもしれない。

レクリエーションが終わった後はもぐもぐタイム。つまりお菓子&雑談タイムです。
レクリエーションで出来上がったものを、全員分に分けるための時間ですね。
ちょっとした休憩時間。
「お菓子とドリンク準備してあるので、皆さん各々楽しんでくださいね」
って感じでかなり適当な感じでした。
男女席を分けたりすることもなく、各自の自主性に任せますという雰囲気。
私は荷物を置いていた椅子にそのまま座り、目の前にあるお菓子をもぐもぐ食べる。
昼食でお腹いっぱいになったのにも関わらず、お菓子をもぐもぐする。
じゃないと場が保てなかったから。
食べてたら頑張ってしゃべらなくてもいいしね。(しゃべりなさい)
偶然にも目の前に座ったのは、観光で一緒に歩いてくれた男性でした。
他に同じテーブルについたのは女性ばかりで、女子会みたいになっちゃっていましたが。

さて、最後はお待ちかね?告白タイムです。

広告

 

全く待ってないです。しかもナイナイのお見合い大作戦みたいにやるってよ。
嫌だよ。各々話しかけて連絡先交換したらいいじゃない。
とか思っていたけれど、そうもいかず。
男女向かい合って一列に並ばされることに。
あぁ男性可哀そうにな、特に気になる人が居なかったらどうするんだろう。
とか思っていましたが、なんと私に手を挙げてくれる男性が現れた!!!
大事件です。どうしましょう。
手を挙げてくれた男性は、一緒に観光してくれて、もぐもぐタイムにもお話したあの男性です。
わーわーわーわー。
こういうことに慣れていない私は軽くパニック
でも、あれ?話と違うぞ?と思ってきょろきょろ。
そしたら「ちょっと待った」がかかりもう一人の男性が目の前に。

実は告白タイムに入る前の場所移動の時に、一人の男性に声を掛けられました。
「この後指名してもいい?」とのこと。
たぶんこの男性は気になる女性が特に見つからなかったのでしょう。
たいして話してもいない私に話しかけてきました。
この人と話したのは、自己紹介タイムとその後バスまで移動するちょっとの時間、昼食の時に隣のテーブルにいたくらいです。
「カップル賞もらえるらしいから貰わない?」
!!
何が貰えるのかはその時点ではわからなかったけど、タダに弱い私
何か貰えるなら貰おうじゃなか!
ということで、彼の申し出にオーケーを出したのでした。
彼はその時に「誰かが指名してきたらそっち選んでいいから」とも言っていました。

さて目の前に男性が2人。私はどっちを選んだでしょうか?
たいして話していないノリのいい男性。
観光を共にし最後のもぐもぐタイムにもお話をした男性。

手を取ったのは
カップル賞を貰おうと話かけてきたずるいフライング男性でした。

もちろん、観光をしてくれた男性の方を選ぶべきでした。
でも頭が働かなかったのです。
さっき約束したから、こっち(カップル賞目当て)の男性を選ばなきゃいけないよねと身体が勝手に動いてしまいました。

本当にごめんなさい。
私、馬鹿でした。

出来ることならやり直したい。(無理)
走って行って連絡先交換したい。(出来なかった)

本当、最低な人間でごめんなさい。
手軽な人を優先してしまいました。

告白タイムが終わった後、話しかけに行きたかったんだけど、カップル賞目当ての男性との連絡先交換がスムーズに出来ず、気づいた時には居なくなってしまっていました。

こうやって後悔ばかりが増えていくんですよね。

割と気が合う人だったかもしれないのに。
たぶん年齢も同じくらいだったと思う。(聞いてないけど)

飲み会に行っても、パーティに行っても、相席屋に行ってもいつもそう。
選ぶべき時に、選ぶべき人を選べない
話しかけるべき時に、話したい人に話しかけられない。

かなり重症だと思います。

こんなんで私はいつになったら彼氏が出来るんでしょうか…。

広告

 

さて、婚活イベントについてのレポートでした。
今回参加して思ったことは、レクリエーション系のイベントはとてもよかったということです。
合コンや飲み会などではわからない、素の表情が見られたり、物事に取り組む姿勢が見られたり、その人の本質がわかりますよね。
私の場合は『大胆かつ丁寧に』(2回目笑)
基本おおざっぱだけど細かいんです私。

またレクリエーション系のイベントに参加してみたいなって思います。

大好きな謎トレイベントとか、料理合コンとかが手軽でしょうか?
本当はスポーツ系のイベントにも参加してみたいんですが、ジャージを持ってない。笑(買えよ)

そして女の子の婚活仲間も欲しいです。
今回のイベントでは出来なかったので、次回は頑張って声かけたいなって思います。

以上某市主催の婚活イベントに参加してみた件でした。